■2011.10.07  立教リーグ VSグラバー@北朝霞

1 2 3 4 5 6 7
グラバー 0 0 0 1 0 0 2 3
パイレーツ 1 0 0 0 0 0 0 1


 1(7)辻
 2(3)福島
 3(8)福本
 4(2)織田
 5(1)足立
 6(4)平井
 7(DH)芥川→{7裏}堀江
 8(6)齋藤
 9(5)高橋→{7表}(PH)鳥羽山
  (9)井上

★スコアブック★

前期全勝同士。満を持して迎えた、4強戦初戦。相手はGLOVER。
PIRATESの先発は、エースの足立。
後攻のPIRATESは、死球を出したものの初回を無失点で抑えた。
一回裏、二者連続四球で出塁するものの、二塁牽制アウトなどで二死二塁。
しかしここで頼れる4番、織田が右中間へタイムリーを放ち、先制。
二回表、先頭を左安打で出すものの、併殺などでこの回3人で抑え、続く三回表も3人で抑えた。
一方追加点が欲しいPIRATES打線は、二回裏ワイルドピッチなどで二死三塁、
三回裏3番福本の右前安打などで二死一・二塁の追加点のチャンスを作るものの、生かせず。
続く四回表、3番に中前安打を浴びると、その後盗塁や四球などで、二死満塁のピンチを迎える。
ここで、7番に中前同点タイムリーを浴び、試合は振り出しに。
その後、守備では五回六回はランナーを出すものの無失点で抑え、
攻撃面では、六回に相手の失策と犠打で一死二塁のチャンスを作るもののあと一本が出ず、
同点のまま迎えた、最終回。
先頭を失策で出すと、続いて送りバントで一死二塁。
さらに1番に左前安打を浴び、一死一・二塁のピンチ。
なんとか踏ん張りたいところであったが、2番に左中間への2点タイムリーで逆転されてしまう。
最終回の攻撃、みんなが逆転サヨナラを信じる中、先頭が四球で出塁、
その後死球などで二死二・三塁のチャンスを作ったものの、
最後はセカンドゴロに倒れ、3−1で試合終了。

負けてしまったけど、試合中のパイレーツの雰囲気はとても良かったと思います。
ベンチ、スタメン、マネージャー関係なく、上級生を中心にとてもいい雰囲気を作れたと思います。
これこそまさに、プレイヤーとマネージャーの“合体”!!!
まだ、立教リーグ優勝、ビールかけ、関東制覇の可能性が消えたわけではないので、
残り二試合絶対勝って可能性をつなげられるように、練習から頑張っていきましょう!!!!!